亀頭包皮炎にかかって、男性器周辺の皮膚が膨れ上がった

【その4】
   
 
私は亀頭包皮炎っていう性病にかかりました。
彼女とエッチはしてたんですが、クラミジアや淋病のような感染系のものではなく不潔にしてたから発症したって感じですね。
亀頭包皮炎にかかりはじめの頃の症状は男性器周辺の痒みです。
私は恥ずかしながら仮性包茎なんですが、亀頭を包んでる包皮辺りと男性器の根元周辺がものすごく痒くなり掻いてるうちに皮膚が真っ赤になって腫れ上がりました。
腫れ上がっただけでなく、包皮のあたりから体液みたいなのも染み出るようになってました。
しかし痒いのは我慢できません。そこで陰嚢(袋)をかいてると陰嚢も真っ赤に炎症し、袋が伸びきったようにビローンとなって腫れ上がりました。
バイキンでも入って化膿でもしたかと思い、消毒液をつけても治りません。
そこで泌尿器科で診断してもらったら亀頭包皮炎だと診断されました。
痒み止めの薬と腫れ上がった皮膚用の塗り薬を処方してもらいました。
三日ぐらいで皮膚の炎症は治まりだし、一週間経過後ぐらいには炎症は見られなくなりました。
先生からは私が仮性包茎でバイキンが繁殖しやすいので、普段から清潔にするよう意識してくださいと言われました。
恐らく今回の亀頭包皮炎は彼女とエッチをしてから洗わずにそのまま放置して寝たことが原因だろうと思ってます。
そこで彼女とセックスをしたら必ずすぐにシャワーで男性器を洗うようにし、清潔さを保つようにして亀頭包皮炎の再発を防ぐようにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です