避妊具をつけてエッチをしたがクラミジアに感染してしまった

【その3】
 
最初は淋病、次はクラミジアと恥ずかしながら何度も性病感染してしまいました。
その結果、女性のアソコの臭いを確認して性病キャリアかどうか判断したり、無臭でも性病感染してる可能性はあるので避妊具を装着してエッチするようにしてました。
しかしそれでも性病に感染してしまったんです。
病名は咽頭クラミジアです。
感染経路は出会い系サイトで知り合った女性で、避妊具をつけてエッチをしたものの、挿入前に彼女のアソコを口で愛撫していたのが問題だったようです。
一応行為前に臭いを嗅いで淋病でないことは確認しましたし臭いもありません。
念には念を入れて避妊具をつけました。性病って性器と性器の触れ合いで感染するものだと思ってたからです。
でも性器とっていうよりも粘膜感染するっていうものなんですね。
クラミジアは彼女のアソコに感染しており、それを私が口で愛撫したことにより口に菌が感染し咽喉に居ついてしまったというわけです。
症状は咽喉の違和感です。
風邪にかかる時って咽喉にイガイガしたのを感じますが、これがずっと治らないんです。
唾を飲み込む時にも変な感じがするし、なかなか治らないしで病院に行きました。今回は、のどを検査するキットも合わせて購入し検査しました。結果、やはり陽性。また病院へ。
病院でやはり咽頭クラミジアだと診断されました。
病気を移したであろう女性に連絡をすると、咽喉の違和感(ディープキスでも感染する為)はなかったそうなので恐らく彼女のアソコにクラミジアがあったんだと思います。
そのアソコを口で愛撫したことにより、私に感染したんだろうと理解しました。
抗生物質を二週間飲んで完治しましたが、この経験をしてから女性とのキスはフレンチキス程度に留め、アソコの愛撫は口では絶対しないようにし咽喉に性病感染しないようにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です