出会い系サイトで知り合った女性からクラミジアに感染

【その2】
 
 
私がクラミジア感染症に罹った時の体験談です。
実は以前、私は淋病っていう性病にかかったことがありました。
この時の体験で淋病ってものすごい臭いを発するって知りましたし、女性とエッチする時は臭いを嗅いで確認してからエッチするようにしてました。
そんな時出会い系サイトで10代後半の女性と知り合いました。
まあ外見は下の上ぐらいですが、若いってとても魅力的なんですよね。
結局会ったその日にラブホテルに行ってエッチをしました。
もちろん挿入前に彼女のアソコの臭いを嗅ぎ、無臭であることを確認してからしました。
しかし数日経過すると排尿時に違和を感じるんです。
以前淋病を患った時と同じような違和感です。
臭いはしてなかったけど、淋菌のキャリアだったのかと思いましたが、淋病の他の症状は出ないんです。
淋病のような臭い分泌液は亀頭から出てきません。
しかし日が経つにつれ排尿時の違和感は増し、痛みへと変化を始めました。そして、以前購入した検査キットを再度購入し、調べたところまた陽性でした。
泌尿器科で診断してもらったのですが、病名はクラミジア感染症と診断されました。
クラビットという抗生物質を二週間服用して完治しました。
飲み始めて三日ぐらいで痛みは違和感となり、一週間後には違和感すらなくなってました。
違和感がないからといっても菌が潜伏してる可能性もあるのでトータルで二週間、医師から指示された通り服用し完治したんです。
この出来事から、女性のアソコの臭いだけで性病キャリアかどうかの判断は無理だと知りました。
そこで見知らぬ女性とエッチをする時は避妊具を必ず着用して予防するようにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です